« もっぱら | トップページ | 「まりこのハタキ3」 »

目がないの

夕方のやわらかいオレンジ色。
五分咲きの桜。
老夫婦の座るベンチ。
古い公会堂。
 
初めて来たのに、なんだかとっても懐かしくって、ちょっと泣きそうで。
 
 
 
日本最初の近代洋風庭園なんですって。
私、そういうの目がないの。引き寄せられたわけだー。
 
ビル街を抜けると突然現れる、別世界。
時代が違う。
空気が違う。
時間の流れ方が違う。
何ここ?不思議。
 
 
魅力的だった。
 
 
その後の観劇もすごく楽しめて、
今後この辺りで観劇する時は、早めに来て、ここをフラッとしてから行こうかしら、と思ったり。
 
 
タミヤのお気に入り認定です。
 
 
 
 
 
 
 
日比谷公園♪

|

« もっぱら | トップページ | 「まりこのハタキ3」 »

好物語り」カテゴリの記事

コメント

それはやはり昭和の匂いを感じるからですか?日比谷公園と言うと松本楼を思い出します。10円カレーの日ってのがあったと思うんですけど、まだあるのかな(^-^;)

投稿: がーくん | 2008年3月28日 (金) 20時18分

ん~、そうなのかな~。
むしろ、明治大正ロマンの香りがしました( ̄―+ ̄)

投稿: たみ→がーくんさん | 2008年3月29日 (土) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511053/11867688

この記事へのトラックバック一覧です: 目がないの:

« もっぱら | トップページ | 「まりこのハタキ3」 »