« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

止めときますわ

違いますよ。
さぼっていた訳ではありません。
 
その・・・いや、止めときますわ。
 
 
 
「本当のプロは言い訳をしない」ものだからっ。
 
 
私には、なんだか世界が新しく見える、今日この頃。
心機一転、頑張りまーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誤解ですって

軽~い!やっほ~い!
 
 
上着を脱ぎ捨てた!
これで肩こりも和らぐ筈よ(-.-;)
 
何より、爽やかな気分です。
 
 
 
爽やかといえば、
ミュージカル座にも新入生がやって参りました。
新しい風が吹いてます。素敵なコトです、うん。
 
 
私も入団したての時はきっと・・・
 
 
 
「いやぁ、タミは、な~んかツンツンしててさー、話しかけづらかったよ」
 
 
 
 
ガーン。
 
 
いや、違います!絶対誤解ですって!
 
私ね、実はかなりの人見知りなのですよ。
だから緊張してただけですって。
 
加えてこの細い目。
緊張したり不安になったりしてる時、どうやら怒っているように見えるらしい。
 
 
(ToT)
 
 
 
そんな感じ悪い新入生だった私も、今では先輩に、
 
 
どつかれたり、
どつかれたり、
 
どつかれたり・・・
 

愛のムチですね(笑)。
 
 
それから、今や後輩も沢山。
 
 
 
 
うっかりしてないで、しっかりしなきゃっ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

信じられん

変らないものと変わりゆくもの。

世の中、変わりゆくものの方が断然多いわけで。
 
 
 
母校を通りかかったら、めっちゃ近代的な建物に立て替えられていて驚きました。
だって私が通ってた頃はね、
 
廊下は剥げてるわ、(それによって、よくつまづく。)
窓は外れてるわ、(つまり開閉め不可能)
ベランダは欠けてるわ(確か、誰かがベランダに出たら崩れたらしい)で、すごいボロボロだったんだものー。
 
羨ましいといえば羨ましいけど、今思えばあのボロ校舎は味があったからなー。
やっぱりちょっと寂しいな。
 
とはいえ、あの壊れ具合でこれからいられる筈もないから。
変わらなければならない、ということだ。
 
 
 
それから、近所の女の子がママになってました。
一ヶ月の赤ちゃんを見せに来てくれて。
 
信じられん。ハタチなのにっ。
 
でも、ママの顔になってました。
女の人って、赤ちゃんを産むとホント顔つきが変わりますよね。
 
 
信じられん
いや~ん!可愛いぃぃ!!
赤ちゃんて、ずっと見てても飽きないo(^-^)o
 
しかしすごいね、「お母さん」って。
すごい変化だ。
 
 
 
 
 
 
まずは、忘れ物なしのしっかり屋さんに、変わりゆきたいタミヤでした。(切実・・・)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

あ~!

あ?!
萌葱色。若草色。
 
明るく、希望に満ちて、なんて生き生きとした色をしてるのかしら。
春の山は今、熱く萌えています。
 
 
 
萌え~。 
 
 
 
ちょいとリフレッシュのために、帰省してみたんだけど、
この木々を見て、もう即座に癒された!
やっぱり、写真じゃ上手く伝わらないけど(-"-;)
 
暖かくていいお天気だったし、お弁当買って展望台まで。
 
町が見渡せます。
ここで育ったんだわぁ、私。
 
 
 
あ~!
気持ちいい~!!!
春を堪能(*^_^*)
 
 
 
 
 
虫さんはちょっと勘弁なんだけどね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

止まった

学生時代、数学や英語の時間であてられるのは、消えたくなるほど嫌だったけど、
国語や社会の、「教科書読んで下さい」っていうのにあてられるのは大歓迎だったの。
 
 
4月=新学期。
ということで思い出しちゃったんだけど・・・
 
 
 
記念すべき、新学期最初の社会の授業、
「田宮さん、次読んで下さい」
 
最初が肝心だわ、と思い、できる女風に軽く読み進める私。
すると、
空気が止まった。
 
 
 
〜大陸にはまぐろ〜
 
 
ナントカ大陸周辺には、“マグロ”がいっぱいいますよってこと。
 
だけど私は、
ナントカ大陸周辺に、“ハマグロっていうマグロの一種”がいますよって言ってるんだと思ったのよね。
 
 
 
 
 
つまりのところ、「は」を読み間違えたのね。
 
 
 
めっっっちゃ恥かしかったんだよぉぅ。
自信満々で読んじゃったのよぉぅ。
 
何より辛かったのはね、軽く流されてしまったことよ!!
 
きっともっと先ならば、クラスも馴染んで、笑い飛ばしてくれた筈なの。
4月なんて、先生ともクラスメイトとも探り合いの時期よ。
 
あの微妙〜な空気ったら・・・
 
 
大体ね“まぐろ”って、ひらがなだからわかんないのよ。カタカナにしなさいよっ。
句読点とか付けなさいよっ。
 
 
 
 
ハマグロ。
 
 
 
本マグロみたいで、ちょっと美味しそうなのにな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

力を持っているの

「最タマ」では、渋~くトト役を演じておられた蔵重姉様は、
今回の舞台では、すぅ~っごく可愛くて、私達爆笑でした(あれ?)。
 
 
みんなとの久々の再会でもあったので、もちろん、
力を持っているの
 
 
 
みんな、私の梅酒ロックちゃんのいい引き立て役ねぇ。
 
 
大声でのおしゃべりがエンドレス。
なので帰りは喉痛し(^_^;)
 
だけど、やっぱりここは私の癒され場所らしい。
この人達はね、人の頭を空っぽにさせる力を持っているの。
 
 
だから、
私はまたやっちゃったのよ。
 
 
 
携帯電話。
お店に忘れてきちゃったのっ。
そんで駅から引き返したのっ。
 
そうよ、前回の飲み会の時もやっちゃったわよ。
打ち上げだって、せっかくいただいたCDを置いてきちゃったりしたわよ。
 
ね?完全に頭空っぽでしょ?
いやー、すごい力をお持ちねぇ、みなさん。
 
 
大反省パート2・・・
 
 
 
 
 
 
もうっ。
 
女王様とお呼びっ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おめでたい

私にとって大事な日や、楽しみにしている日は、必ずといっていいほど雨が降る。
 
俗に言う雨女です。
 
だけど私の場合は、ただの雨じゃありません。
強風や大雪、台風にあたっちゃうの。
 
ある意味大変おめでたい雨女。
 
多分昔からね。
田舎の電車が止まっちゃうから、車で送り迎えしてもらったもの(-.-;)
 
この間の「まりこ〜」の本番の日も強風大雨だったし、
今日もこれから、久々「最後のタマゴ〜」メンバーで、蔵重姉様のお芝居見に行くっていうのにコレよ。
 
 
 
 
 
 
「嵐を呼ぶ女、田宮華苗です」
 
 
 
なぁんつって!かぁっくいぃ〜\(≧▽≦)丿
 
 
 
 
 
 
 
 
ま、所詮雨女だけどね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

呼ばれたのよ

久しぶりに、図書館をふらふら。
 
 
ん?なんか視線を感じる・・・
 
呼ばれたのよ 
 
ふふ。私が好きそうな匂いがするでしょ?笑
早速借りてゆきましたo(^-^)o
 
だってこのCD、“戦前に日本で流行した外国の名曲”を主に収録してるっていうのよ。しかも2枚組ね。
これが借りずにいられますかって。
 
 
 
絶対呼ばれたのよ、私?!
 
 
すべての曲、演奏のみで収録されているんだけど、私、
 
 
アコーディオンの音、好き。
 
うまく言えないけど、
楽しいような、哀しいような、懐かしいような音がするから。かな。
 
あとやっぱり、パリを思い出させるよね。
 
 
 
 
 
 
 
行ったことないけどね。
 
 
 
いいのっ、そういう感じなのっ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もうしないわぁ

我らが阪神タイガースの、金本アニキ。
 
ついに大記録達成で、一昨日から脳内ミュージックは、“六甲おろし”のタミヤです。
 
 
 
 
すごい数字だよね、2000て。
私、なわとびだってそんなに跳べやしないわ。
 
 
何故なわとびかって、
 
体育の授業で、私が唯一褒められたのが、なわとびだったからよ。
つまり、私の一番得意であるだろうスポーツということよ。
 
 
 
・・・ま、とにかくすごいってことが言いたいの。 
 
 
金本アニキは、連続フルイニング出場の世界記録も達成してるんだけど、
会見とかインタビューとか見て、いつも思うのね。
 
 
ホントにプロだなって。
 
 
かつての阪神の英雄、ランディ・バースが言ってました。
 
「本当のプロは言い訳をしない」
 
 
 
名言だと思いました。
本当にその通りだと思いました。
 
 
私も本当のプロになろう。
 
 
 
 
 
 
 
関東では、阪神の試合がほとんど放送されない、なんて言い訳、もうしないわぁ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

私はね

昨日テレビでやってました。
心理テストですって。 
 
四字熟語を2つ思い浮かべて下さい。
 
浮かべました?
 
 
 
 

 
 
 
最初の方があなたの「人生」、2つめが「愛」を表しているらしいですよ。
 
私はね、
 
 
 
1 自画自賛
2 一期一会
 
 
 
 
やだー。なんか、物凄い当たってる気がするんですけど・・・(-.-;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なーんだってそう

真新しい、ピッカピカのランドセル。
とっても嬉しくて、毎日大事に背負って歩く。
 
でも、段々ランドセル生活に慣れて来て、
ついた傷も、汚れも気にならなくなる。
 
そのうち、
なんでこれ背負わなきゃいけないんだろー、
自分の好きな鞄がいいのにー。
なんて思ってくる。
 
 
 
 
なーんだってそう。
始めは、嬉しくて大事にする。
でもそれが当たり前になる。
義務になってくる。
 
そして無くなってから、また大事さに気付く。
 
 
当たり前だと思ってしまっていること、義務になってしまっていることが、今私には沢山あるなぁ。
 
常に初心を忘れずにいなきゃ。
そしたら、絶対に無くなる前に大事さに気付くもの。
そして無くさずにすむもの。
 
 
 
 
 
はい、語ってみました~。

| | コメント (4)

春の嵐の中

着物、演歌、女形。
 
 
これは日本の大切な文化ですよ。
 
 
その3拍子揃っておられる、こちら今回の「まりこ?」のゲスト、北岡ひろしさん。
 春の嵐の中 
美しい!!
容姿、仕草、歌声・・・すべて。
あまりのお美しさに、遠巻きで口あんぐりの、まりこメンバー(^_^;)
 
とはいえ、みんなでこうしてちゃっかり、2ショット写真を取らせていただきましたの(笑)
 
私も手だけ、大和撫子してみましたが、何か?
 
 
 
 
「まりこ~」も今回で4回。(私は3回目だけどね)
カワイイ涼子さんがひたすら喋りまくり、
それに対して姉御ミキさんが、容赦なくツッコミを入れ、
そのやり取りに、穏やかなRikaさんすら、息も絶え絶えに笑い転げ、
この光景を、母のように見守る佳子さん。
その隣りで、おにぎりモグモグ洋一郎さん。
 
というのも定番になって参りました。
それから、今回初参加のトヨコさ~ん♪
春の嵐の中 
こう見えて、激おもろい方です(笑)。
 
 
 
そして、本当に尊敬すべきこの先輩方との出会いに、感謝感激の私。
 
 
本日、春の嵐の中、銀座へ足を運んでくださった皆様、本当にありがとうございました。
 
やっぱり服部メロディー大好きだぁー!
これからもよろしくお願いします!

| | コメント (0)

素晴らしいわ

どうも。ご無沙汰です。
どうしても、“テアニン”を“テニアン”と読んでしまうタミヤです。
 
 
 
 
春っていうのは色々懐かしくなる季節でね、久々に会う友人とは昔話に花が咲いちゃってね。
そして私は思ったのよ。
 
 
 
中高生よ、
 
 
 
部活動は真剣にやっておきなさい!
 
 
 
私、高校なんか部活しに学校行ってるようなもので、
朝も昼も夜も練習で・・・
 
あのね、昼練なんてのはね、育ち盛りの楽しみの、お昼ご飯を15分で済ませ、15分間練習するという空恐ろしい練習だったんだ。
あ、因みに、5時間目が体育の人は、5分前に早退していい決まりなの、着替えがあるから(笑)
 
当時は、もうみんな何でも文句ばーっかでねぇ~。
ま、それでも一生懸命やっちゃうのが可愛い高校生だったんだけどね~。
 
だけど今やすべて笑い話よ。
あの経験は何にも変えられない、貴重なことだったと思えるし。
苦難を共に乗り越えた仲間は永遠だと思うし。
 
きっと、今悩んだり苦しんだりしてることも、乗り越えたら笑い話になるんだろう。
素晴らしい経験だったと思うんだろう。
 
 
人間て素晴らしいわ。
 
 
 
 
 
やー、勉強も真剣にやっておけばよかったよな、やっぱりな。
 
因みに私、小中高、コーラス部でした。

| | コメント (2)

可愛いです

昔ね、ある雨の日、玄関開けたら見知らぬ置物が置いてあったの。
 
お母さん?おばあちゃん?
何もこんな雨の日に、新しい物出すことないじゃんー。
なんて思いながら見てたらさ、
 
 
 
膨らんだのよ。
喉のあたりが。
プクゥーっと。
 
 
うん、本物でしたの。
 
 
 
 
 
でーーーーーっかいウシガエル。
 
 
私の地元は田舎だからさ、別に不思議じゃないのよ。
色んな色の、色んな形のわけわかんない虫たちとかいたし、
今や貴重な、ザリガニもサワガニもいたっけな。
 
だけどアイツは衝撃的だったわよ。
 
 
でっっっかいんだもの!
 
可愛いです 
これ、Rikaさんのギロと、ミキさんのキャスタネット。
たまたまお揃い。
 
おい。可愛いじゃないかよ、カエルさんよ。
 
今回「まりこ?」初参加のトヨコさん(オペラ歌手さんなんですよ?!かなり素敵なソプラノ!)は、カエル物がお好きらしく、興味津津でおられた。
 
確かに、これは可愛いです。
だから写メしたんです。
 
 
でもトヨコさん、生のウシガエル見たことあるかしら・・・
 
 
 
そういえば、玄関開けたら、たぬきがいたってのも衝撃的だったな。
 
あれ、花ちゃんじゃなかったと思うんだけどなぁ。

| | コメント (4)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »