« あっという間でした | トップページ | いつものパターンね »

漂っていた

電車を降りた途端、
 
 
 
江戸じゃぁ~!!
 
 
 
と思った。
 
 
大きな道路を車が沢山走っているし、
モダンなマンションも建っているし、
ファーストフードのお店も並んでいるけれど、
 
深川という所は、
確かに江戸の下町だったのだ、という空気が漂っていた。
 
 
 
おっと。
いつものゾワゾワが。
心が揺さぶられるねぇ。
なんだか初めて来た気がしねぇぜ。
てやんでぃ、べらぼうめ。
 
 
 
そんな深川で、肝心要のかつら合わせ。
初めての日本髪のかつら。
だから、なんだか違和感があって、ちょいと自分に噴き出しちまったぜぃ。
 
「いやいや。似合うっていうか、なんていうか、あんたはむしろかつらを取った時の方が違和感あるくらいだよ」
 
 
なんと。
そんじゃ、これからあっしはいったい、
どうして暮らしていったらいいんですかぃ、福地さん。
 
 
 
そんなわけで、みんなの日本髪姿、
「赤ひげ」本番をお楽しみに♪

|

« あっという間でした | トップページ | いつものパターンね »

好物語り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あっという間でした | トップページ | いつものパターンね »